「嫌われ力」を養いましょう

ストレス社会を乗り切る力01 社会に出ると何かとストレスが多い現代社会ですよね。そんなストレス社会を乗り切るために「嫌われ力」をつけてみませんか。嫌われ力がつくとストレス社会への対応が格段に上がります。 たとえば、ついつい会社で良い人を演じて厄介な頼まれごとが多くなってしまったり、連日の飲み会の誘いをなかなか断れなかったり、などなど日々周りに振り回されて家に帰ってぐったりなんてことはないでしょうか。そんなあなたには、「嫌われ力」が役立ちます。人に嫌われないようにということばかり考えて、どこかで自分を抑えて生きていると、知らないうちに高いストレスがかかってしまいます。これを続けているとうつ病になってしまったり、自律神経の不調をきたすなど、あまり良いことではありません。 まだまだ長い人生、少しくらい他人から嫌われても、健康にストレス社会を乗り切れる方が得だと思いませんか。世の中、万人に好かれる人というのは、好かれようとは思っていないものです。ちょっと自分に正直になって、嫌な事は断ってみる。正直な意見を言ってみる。たまにわがままになってみる。という事をしてみてはいかがでしょう。意外とその方が人から好感をもたれたりするものですよ。

「食事力」を養いましょう

ストレス社会を乗り切る力02あなたは普段、食事に気を配っている方でしょうか。実はストレス社会と食事は密接な関係にあります。コンビニのお弁当やお惣菜、ファーストフードばかりを食べていると、イライラが増殖したり、疲れやすくなったり、睡眠障害になったり、ストレス社会をさらに生きにくくする要因になります。それは何故でしょうか。食品添加物の影響です。「スーパーサイズミー」という映画を観た方はご存じかもしれませんね。健康体の男性が30日間ファーストフードのメニューだけをひたすら食べ続けたらどうなるかという実験のドキュメンタリーで、彼はその結果、食欲が減退し、躁うつ状態となり、体重も増加し、身体に異常をきたしました。 たとえば、コンビニのお弁当がより長持ちするために、より彩りよく見せるために食品添加物は使用されます。ファーストフードに使用されているトランス脂肪酸を含んだ油は、アメリカでは食品への使用を禁止しました。 外食やコンビニ食を控え、食に関する知識を増やし、極力自炊をする食事力を養う事で、ストレス社会に打ち勝つ身体をつくりましょう。

肌を白くする美白化粧品 オルニチンサプリ