「断り力」を養いましょう

HOME > 「断り力」を養いましょう

あなたはどれくらい断る力を持っているでしょうか。「断り力」をつければ、格段にこのストレス社会への対応力が養われます。 人に嫌われたくないばかりに、イエスマンになってはいませんか。少し前まで日本人はイエスマンが多いと言われていました。日本人は調和を重んじるばかりについつい人に合わせて、自分の意見を言えなかったりすることが多々あります。調和を重んじたり、自分が嫌われることを避けて、イエスと言ったのにその結果、人から不信感を得てしまったり、ストレスを抱えてしまうなど、悪い結果を招くことがあります。もしかすると、現代のうつ病の増加もこういった事が原因にあるのかもしれませんね。 それでは「断り力」はどのように養ったらよいでのでしょうか。まずは、誰からも好かれようとしない事が大切です。どんな人でも万人に好かれるなんて難しい事です。また、好かれたいがために、本当は嫌な事を嫌と言えないことの方が、後々嫌われる可能性が出てきます。 次に、断り方を身につけましょう。ぶっきらぼうに「いけません」「できません」などではなく、相手が納得できる理由が言えるようになると良いでしょう。「最近ちょっと疲れ気味で、今日は家でのんびりしたい・・・」「今、別のプロジェクトが佳境に入っていて集中したい」などがおすすめです。